NowLoading...

NowLoading
  1. ホーム
  2. Gの構成元素
  3. 100vs100の大群バトル ドラゴンフォース

ゲームは総合芸術だ

  • facebook
  • twitter
  • line
  • hatena
  • pocket

100vs100の大群バトル ドラゴンフォース

1996年 SEGASATURN
最大100人の軍勢が衝突する圧巻バトル。セガサターンソフトの中でも名作として知られるシミュレーションRPG。

広大なレジェンドラ大陸統一を目指し、6つの国のうちから一つの国を選び、大陸統一を目指すシミュレーションRPG。
各々の国に個性があり、どの国を選択するかによって戦略性も変わる。
地形や兵士の特性が戦闘に大きく作用し、最大100人まで編成できる軍隊同士が衝突する戦闘シーンは圧巻。
少人数の軍でも作戦次第で大群を打ち負かすこともできる奥深い戦略性が魅力の作品。

ゲームシステム

大陸を分かつ8つの国のうちの6つの中から一つを選び、大陸全土の国を平定していくのが目標です。
一つの国の中に拠点となる”城”が点在し、各々の城には自国の領土を守る武将が配属されています。 field 武将 武将には各々”軍”が与えられ、武将のLVに応じて最大100人までの兵士を配属できるようになります。

大陸上に分布する城を奪うことで陣地を広げ、最終的に大陸全ての国を自国の領土に治めるのがゴールとなるのですが、物語の後半には大陸の平和を脅かす強大な敵が襲来し、各国の王たちは力を結集して強大な敵に立ち向うこととなります。 共闘

兵士には「ソルジャー(戦士)」「モンク(武闘僧)」「メイジ(魔法使い)」「アーチャー(弓兵)」など多様な兵士を配属することが可能で、攻撃か防御どちらを重視するかによって陣形を変更することも可能です。
地形や兵隊の相性により戦闘の有利不利に影響が出るため、軍の編成がゲーム攻略の大きなカギになります。 バトル

レジェンドラ大陸を治める8つの国

ハイランド王国 君主:ウェイン
image

若干17歳にして大陸で最も歴史の古いハイランド王国を継いだ若き王。勇気や力、敵にも情けをかける慈悲深さなど、国民や臣下からの支持も厚い。

ファンダリア帝国 君主:ゴルダーク
image

兄のギゼルダークを倒し、帝位を略奪した「狂える獅子」の異名を持つ専制君主。武力による完全制覇を目指し、和解を望まず、大陸のすべての国へ宣戦布告する。

ムーンパレス王国 君主:ティリス
image

ウェインの幼馴染でエルフ族の国家 ムーンパレスの王女。世襲ではなく国民の投票により選出された。普段は大らかな性格だがいざと言う時には意志の強さを見せる。

イズモ王国 君主:ミカヅキ
image

サムライ衆を擁するイズモ国の国王にしてクサナギ流剣術を極めた若武者。各地を流浪していたが前国王の崩御から母国存続の危機に立ちあがる。

トラッドノア王国 君主:レイナート
image

魔法王国トラッドノアの君主。闘神ヴァルハートの血を引いており魔法の破壊力は大陸随一。のんびりとした温和な性格。

トパーズ帝国 君主:レオン
image

戒律厳しい宗教国家トパーズの国王。国王自身が武闘派の修道僧であり、欲も野心も無いが戦乱に苦しむ民衆を守るため大陸平定に立ち上がる。

ボザック王国 君主:ゴンゴス
image

密林に住む獣人族の王。「森の勇者」と慕われる程心優しく勇気に溢れた豪快な人物。

トリスタン帝国 君主:ジュノーン
image

軍事大国トリスタンの新しき指導者。実は類稀な美貌を持つ女性だが、通常は侮られないよう仮面をつけている。戦場では『死仮面の黒騎士』と呼ばれ敵味方問わず恐れられている。


陣取り合戦のようなシミュレーションゲームで有名なタイトルはいくつかありますが、どれも難易度の高いゲームが多い印象です。
しかしこのドラゴンフォースはシミュレーション初心者でも遊びやすく、それほど難易度の高くないストラテジーゲームとなっているため、ゲームのシステムを覚えるまでに少し苦労しますが、1~2時間もプレイすれば大枠は理解できると思うので、その後はこのゲームシステムの奥深さを楽しめるようになると思います。


続編となる「ドラゴンフォース2-神去りし大陸-」が発売されていますが、続編が発売されていたことを長らく知らなかったので、自分はプレイしていません。
前作とのつながりは無いらしく、キャラデザがなんとも残念・・・・
レビューを見るとものすごく酷評されているので、今後もやらないかも。。

関連記事

もっと見る

Gの構成元素 でよく読まれている記事

人気記事TOP10